トップページ > 学習教材の種類

学習教材の種類

学習教材には、学習目的や内容に応じた種類が沢山あります。一括で購入する物、通信講座制の物、或いは書店で販売されている一般的な物が挙げられます。学習目的と併せて、実際に購入出来る金額の範囲内で教材を購入する必要があるため、種類別の特徴を知っておきましょう。

一括で購入する学習教材は、幼児向けの知育教材、外国語学習や自己啓発、大学受験に関する参考集と問題集のセットが挙げられます。販売金額は、目的に応じて幅広く、数千円~数万円になります。幼児向けの知育玩具は、色や形を学んだり、物に触れて感触を確かめたり、指先を鍛えるものが沢山揃っています。また、外国語学習や自己啓発教材の場合、テキストと併せてCDが同封されており、主に耳から学習するスタイルの教材が中心です。この種類の教材は、一括購入した分、効果が出るまでしっかりと使い切ることが大切です。

通信講座制の教材は、人気の資格取得支援講座や、小~高校制までを対象とした定期性通信講座が挙げられます。いずれの場合も、テキストを読みながら問題を解き、毎月テストをこなして、通信講座先からチェックを受けることが出来る点が共通しています。自分一人で勉強するのは大変なため、自分の弱点を的確に指摘してくれる教材だと言えます。

書店で販売されている学習教材は、多種多様ですが、自分の目で見て確かめられる教材が揃っています。一括購入や通信講座の教材は、購入前に内容確認することが出来ないため、本当に自分に合っている教材かどうか分かりません。その点、書店で販売されている教材は、自分が納得出来る教材を探すことが出来ます。

333
関連エントリー
学習教材の賢い使い方
教材を綺麗に保つ方法
学習教材の選び方
学習教材の種類
無料査定の活用方法
買取専門店の選び方
買取専門店の審査基準
学習教材を高く売るコツ
売る前にチェックするポイント
学習教材買取サービスの人気の訳