トップページ > 学習教材の選び方

学習教材の選び方

勉強意欲が沸いたり、成績に結びつくような教材を探すためには、教材の選び方を理解しておく必要があります。自分が勉強するための教材なのか、或いは子供に勉強してもらうための教材なのかによって、その選び方は大きく異なります。

どのような教材であっても、学習目的や目標に応じた教材になっているかどうかが、最も大切なポイントです。幼児向けの場合、学習と言っても受験目的なのか、右脳開発なのかによって教材内容は大きく変わります。例えば右脳開発の教材では、子供が楽しく学べるような工夫がなされているかどうかが大切です。色使いやキャラクターの設定、知育玩具やDVDなど、一目で楽しいと思える教材が含まれているか、子供の視線で確かめましょう。

また、小学生向け教材の選び方では、学習意欲を掻き立てる教材かどうかがポイントになります。中学校受験を意識しすぎて、背伸びをしてしまい、子供の学力とかけ離れた教材を選ばないことが大切です。もし、教材選びで迷い始めた時には、保護者向けの解説書を備えた教材を選びましょう。親として、子供の勉強意欲を掻き立てたり、フォローする方法が掲載されていますので、安心して親子で学習教材に触れることが出来ます。

さらに、大学受験や自己啓発関係の学習教材の選び方では、テキストや参考書が見やすく、使いやすいかどうかがポイントになります。もう1つ大切なポイントとして、教材に余白が多く取られていたり、書き込み専用のページが設けられているかどうかです。自分で補足したい内容や参考情報を書き込めるので、オリジナルの学習アイテムとして使うことができ、学習効果を高めることが出来ます。

333
関連エントリー
学習教材の賢い使い方
教材を綺麗に保つ方法
学習教材の選び方
学習教材の種類
無料査定の活用方法
買取専門店の選び方
買取専門店の審査基準
学習教材を高く売るコツ
売る前にチェックするポイント
学習教材買取サービスの人気の訳
年末の掃除には参考書の買取でお部屋もすっきり