トップページ > 学習教材の賢い使い方

学習教材の賢い使い方

学習効果を高めるためには、学習教材を賢く使いきる方法を知っておくと便利です。元々学習教材は、学習内容を補完したり、苦手な内容を克服出来るように工夫されています。より自分に合わせた使い方を行うことで、より大きな学習効果を得ることが出来るようになります。

受験向けや資格取得向け教材の賢い使い方の1つとして、苦手分野だけをコピーしてノートに貼付け、自分で補強したい情報や応用情報を買いて、オリジナルの参考書を作る方法があります。どうしても、テキストや参考書の内容を全て丸暗記してしまい、無駄な勉強時間を過ごしてしまう場合があります。そのため、弱点分野にだけ絞り込んで、参考書を使うという発想が大切です。このオリジナル参考書が1冊あれば、参考書数冊分の情報が凝縮されているので、受験や試験時の強い味方になります。

子供向けの学習教材には、問題集やドリルが付いているものがあります。これらを綺麗に使用することで、何回も同じ問題や苦手分野をチャンレジ出来る方法があります。それが、クリアファイルと油性ペンを利用した学習方法です。例えば、OHP用紙のような透明のクリアファイルの下に、挑戦したいドリルを挟みこみます。その上から、何度書いても消すことができる細身の油性ペンで、問題の回答を書き込んでいきます。この方法の賢い点は、ドリルや問題集が一切汚れずに、何度も繰り返し使用出来る点です。何度もコピーする手間も用紙代も必要ないため、経済的で新品同様に教材を使うことが出来ます。

333
関連エントリー
学習教材の賢い使い方
教材を綺麗に保つ方法
学習教材の選び方
学習教材の種類
無料査定の活用方法
買取専門店の選び方
買取専門店の審査基準
学習教材を高く売るコツ
売る前にチェックするポイント
学習教材買取サービスの人気の訳