トップページ > 買取専門店の審査基準

買取専門店の審査基準

買取専門店では、学習教材を買取る際に独自の審査基準を設けています。一般的に、審査基準は公開されていませんが、これまで買取ってもらったことがある経験者の話や、リサイクルショップのスタッフから話を聞くことができます。少しでも高く買取ってもらえるため、知っておくべき審査基準の一部をご紹介します。

まず、現在持っている教材の販売時期が大きなポイントです。買取金額は、購入年数が経つにつれて低くなります。さらに、販売開始から1年で買取金額が半額になる場合があります。同じ教材名でも、最新の出版年や年度によって買取金額が変わります。もちろん、教材の状態によっては、最新の教材でも買取金額が低くなる場合がありますが、販売年や購入年数も審査基準の大切なポイントです。

次に、CDやDVD、ビデオ教材の品質も大切なポイントになります。参考書や問題集の場合は、書き込みがされているかどうか、ページに破れや汚れはないかどうかが品質面の基準です。メディアを利用した教材は、再生した際に音が切れないか、映像はちゃんと再生できるか、途切れるシーンはないかなど、再生そのものに問題がないかが審査基準となります。実際に売る前に、一度全編を再生して、音質と画質を確認しましょう。

その他に、買取専門店が買取・販売実績があるかどうかも大きなポイントです。専門店が市場に売れない教材を買うことはありません。そのため、多数の販売実績がある教材かどうかが審査基準の対象となります。

333
関連エントリー
学習教材の賢い使い方
教材を綺麗に保つ方法
学習教材の選び方
学習教材の種類
無料査定の活用方法
買取専門店の選び方
買取専門店の審査基準
学習教材を高く売るコツ
売る前にチェックするポイント
学習教材買取サービスの人気の訳